電子機器メーカーを解放します

10.01.2022

多くの工場において、デジタルトランスフォーメーションの浸透度は非常に緩やかです。それは、現在の多くの企業くが、80年代や90年代にIT管理者の頭を悩ませた、独自のシステムを持つ特定の機器メーカーへの過度の依存と標準規格が存在しないという状況と同じような状態で悩まされているためです。しかし、オープンオートメーションやデジタルトランスフォーメーション戦略が台頭する中、新たな希望が見えてきました。

技術的な依存関係が企業のITポリシーに大きな影響を与えていた時代がありました。1980年代の中央のメインフレームと単機能端末の時代に続いて、分散型のクライアントーサーバー・デザインの時代が到来し、最後にはマルチクラウドサービスという形でオープン化と相互運用性が実現しました。現在、製造業の生産設備を見てみると、IBMやマイクロソフトが支配していた時代との驚くべき類似性が見えてきます。電気機器メーカーは、マシンを提供しても、ユーザーがインテリジェントに統合された工場を実現するために必要な、オープンでなく専用仕様のインターフェイスしか提供しない一部のサプライヤーから解放される方法を模索しています。

電子機器生産におけるオープン化によるデジタルトランスフォーメーション

電子機器製造業界では、信頼性と疑念が混在しています。これは、従来の高度な自動化を備えたセグメントです。ここでも、デジタル変革については、これまでになく議論が行われています。製品のライフサイクルの短さ、グローバルなサプライチェーン、新しい競合他社、顧客の要求の変化などにより、既存のビジネスモデルやプロセスに疑問を持つ必要があります。しかし、ここでも、独自のシステム、柔軟性に欠けるソリューション、機器メーカーへの依存が、デジタルトランスフォーメーションへの移行を弱めています。現在、電子機器の製造工場では、自動化の度合いやスピードを独自で決める方法はほとんどありません。言い換えれば、インダストリー4.0は片足でブレーキを踏んだ状態で導入されているのです。これは、既存の自動化戦略では、新しい市場環境に適応することが難しい、あるいは不可能だからです。大きな問題は、自動化ソリューションのメーカー自体にあると言えるでしょう。ゼロ・オペレータ・ライン、ダーク・ファクトリー、ライト・アウト・ファクトリーなど、人目を引く用語を使用することで、完全に自動化されたオペレータレスの作業現場のみが望ましい成功につながると主張しています。

完全な自動化ではなく選択的な自動化

しかし、現実には、ゼロ・オペレーター戦略は、単一の機器メーカーのソリューションで構成されていることが多いのです。後付けはほとんどできず、何かが変わったときには、ほとんどすべての生産工程を再設計・再構築しなければなりません。些細な変更であっても、生産チェーン全体を見直す必要があることが多いのです。とりわけ、全自動化戦略の最後の数パーセントは特に高額になる傾向があります。これは、生産ラインの完全な自動化によってコストが最適化されるのはごくまれなケースであることを実証した、正確なコスト・ベネフィット分析によって証明されています。むしろ、導入された自動化の 20% で効果の 80% を占めており、更なる改善には成果以上の労力を伴うことがわかっています。

オープンオートメーション

これらの理由から、業界では自動化に対してより現実的なアプローチを求める声が高まっています。ミュンヘンに拠点を置く電子機器業界のプロセスパートナーであるASMPT社では、このような声に耳を傾けています。スマートなSMT工場を統合する専門家が、お客様や機器メーカーとの間でよりオープンで協力的な関係を築くことを提唱し、Open Automation(オープンな自動化)のコンセプトのもと、この目標に向けた独自の取り組みを開始しました。お客様の状況に応じて、完全にモジュール化された統合スマートファクトリーに向け効果的に進める道筋ことができます。これには、段階的な自動化、サードパーティ製マシンとの統合、既存の生産ラインを活用した自動化などが含まれ、常に投資効率を念頭に置いています。これを可能にするのは、特に、個々の自動化部品をモジュール方式で改造または変換できる機能です。既存のラインと統合し、段階的にプロセスを自動化することで、持続可能な投資を実現できます。ミュンヘンを拠点とする同社の成功の秘訣は、ハードウェアとソフトウェアの独自の相互作用にあります。ASMPTは、電子機器製造業界への純粋なハードウェアサプライヤーとしてスタートした後、オープンスタンダード、電子機器メーカーのニーズに合わせたMES(製造実行システム)、他のサプライヤーを含む業界全体のパートナーシップと関係性、標準化を進める業界唯一のサプライヤーであるスマート工場統合パートナーへと発展しました。

スマートファクトリーの構築に向けた協力体制

ASMPTは、自動化に関連する機械、装置、ソリューションを提供するすべてのメーカーが、自らの利益と顧客の利益のために、オープンかつ協力的に協力する義務があると考えています。ハードウェアやソフトウェアのサプライヤーを含め、インダストリー4.0戦略の成功は、個々のお客様がどのように生産環境を設計できるかに密接に関係しています。電子機器製造業界が、連携して作業し、従来のサプライヤーへの過度な依存を排除することによって、スマートファクトリーへの道筋がクリアになります。そのための技術的条件はすでに存在しています。例えば、IPC Hermesのようなオープンな標準規格は、電子機器製造業のPCB実装ラインのために開発された最新のマシン間通信プロトコルです。

お客様のニーズに基づいた自動化

これらの前提条件が満たされていれば、希望する投資効率や、達成したい効率・品質・柔軟性の向上など、個々のお客様のニーズに厳密に基づいて自動化を行うことができます。そうなれば、1980年代から今日にかけてIT・通信業界が経験したような急速な発展が、電子機器製造業界にももたらされることでしょう。